【PR】【動画】日建の木造、躍動。―Activation of Nikken Wood Lab―

Nikken Wood Labは、日建設計が行う建築の木造化・木質化を推進する組織で、その代表を務めるのが大庭拓也氏。今回は、自身が設計した木造CLT建築の小学校「昭和学院小学校ウエスト館」にて、日建設計が考える木造建築の在り方とNikken Wood Labの役割、今後の目標についてお話を伺いました。

 

2018年に誕生した新規ビジネス・パイロット・プロジェクトNikken Wood Labは、日建設計が行う建築の木造化・木質化を推進する組織として、建築の設計に限らず、森林資源の有効活用という観点から、建築の枠を超えた活動を展開しています。

その代表を務めるのが、大庭拓也氏。

今回は、自身が設計した木造CLT(Cross Laminated Timber)建築の小学校「昭和学院小学校ウエスト館」(千葉県市川市)にて、日建設計が考える木造建築の在り方とNikken Wood Labの役割、今後の目標についてお話を伺いました。

 

インタビュー記事が掲載された「建築知識2022年11月号」の情報はこちらから

全国木材組合連合会(JAS構造材実証支援事業)の情報はこちらから

Nikken Wood Labの情報はこちらから

「つな木」の情報はこちらから

日建設計の情報はこちらから

 

関連動画として『JAS製材工場探訪。~The Factory of Timber Frame~』(出演:古川泰司氏+二ノ宮秦爾氏)、『木造防耐火の法改正と最新技術』(出演:安井昇氏)、『木造の多様な空間における梁の構造設計』(出演:大野博史氏)も、ぜひご覧ください。

 

最後に、10月28日(金)にはジャパンホーム&ビルディングショーにて、建築知識実務セミナーを開催します。“木造”をテーマとしたセッションは以下の2つ。お時間のある方は事前登録のうえ、ぜひ会場にお越しください。

 

14:10-15:10

森と一緒に考える、JAS製材の木造建築

非住宅建築の木造化が進み、近年では公共・民間問わず、積極的に木造が採用されるようになっています。特に、地域産材を使った木造建築の設計に関するノウハウは今後、よりクローズアップされると予想されます。“木の建築”に精通する古川泰司氏(アトリエフルカワ一級建築士事務所)は、「森林の恵みを最大限に生かすには、“製材(JAS製材)”で設計を行うのが理想的」と語ります。それを実現するために設計者は、林業や製材業についての知見を高め、木材の調達や木造の設計を行う必要があります。本セミナーでは、“ 製材(JAS製材)”による木造建築について解説します。

 

15:30-16:30

みんなの都市木造を考える。

非住宅の木造化が建築の大きなトレンドになっていますが、中高層建築、いわゆる“都市木造”を実現するには、「大断面JAS集成材の調達と計画敷地(都市部)にスムーズに搬入する計画」「S造やRC造との混構造という選択肢を踏まえた、木造の中高層化に建築に見合う合理的な構造計画」などのノウハウが求められ、将来的には技術を標準化し、多くの人が“都市木造”に関われるようにする必要があります。本セミナーでは、“都市木造”の普及に向けて長年活動を行ってきた腰原幹雄氏(東京大学 生産技術研究所 教授)に、“都市木造”を設計・施工するためのノウハウと、“都市木造”のあるべき未来について解説します。

こちらの記事もおすすめ

『建築知識2021年1月号』は“カフェ特集”、カバーは吉田誠治さん。

2020/12/28

『建築知識2021年1月号』は“カフェ”特集号。 カフェ開業のために押さえておきたい基礎知識を解説してます。 カバーのアートワーク、2021年は吉田誠治さんです!現在、好評発売中。 売り切れる前に、書 …

「建築知識3月号」が発売、近現代の日本建築を解説!

2023/02/24

「建築知識2023年3月号」が発売になりました。特集のテーマは(日本の家と街並み 明治・大正・昭和)。大好評だった「建築知識2022年8月号」の特集(縄文から江戸時代まで 日本の家と街並み 詳説絵巻)の第二弾となります。日本建築の歴史を学びたい方、ぜひ、ご一読ください!

3月のおすすめ記事をピックアップ!

2023/03/31

「これからの住宅・建築MAPs」より3月のおすすめ記事をまとめました。見逃した記事がないか確認してみてください。

「第16回日本構造デザイン賞」開催のお知らせ

2021/03/18

松井源吾賞および日本構造デザイン賞の受賞者を会員とする団体である日本構造家倶楽部が「第16回日本構造デザイン賞」を開催します。応募要項をご確認いただき、ぜひ、ご応募ください。写真は、第15回日本構造デザイン賞を受賞した「東急池上線旗の台駅」(構造設計:田尾 玄秀)。木の架構を用いて個性的な設えを実現した東急池上線の駅舎です。

「第18回日本構造デザイン賞」開催のお知らせ

2023/04/06

松井源吾賞および日本構造デザイン賞の受賞者を会員とする団体である日本構造家倶楽部が「第18回日本構造デザイン賞」を開催します。応募要項をご確認いただき、ぜひ、ご応募ください。写真は、第17回日本構造デザイン賞を受賞した「ヤマト港南ビル」(構造設計:江坂佳賢)です。

Pick up注目の記事

Top