連載

「蒸し暑さの犯人は湿度」低気密低断熱住宅ルポ⑱

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、低気密低断熱住宅の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。18・19回は、夏の湿度と快適さの関係を解説します。

神長家の概要
■家賃:約9万円/月(3,250万円のローンを組んだときと月の返済額は大体同じ)
■立地:宇都宮駅から車で15分
■築年数:築30年(1991年8月竣工)
■延べ床面積:125.44㎡(37.94坪)
■断熱性能:築年数と天井断熱材の状況から昭和55年基準と推定(昭和55年区域区分Ⅲ・栃木県・Q値4.7)。無断熱ではなく、断熱材は気持ち程度入っている状態

間取りは、一般的な玄関ホールを挟んで、LDKと和室に分かれている。2階の15帖の洋室は神長さんの仕事部屋として使っている

夏の暑さの要因は「湿度」にある!

暑さを感じる原因は「温度」だと思われがちですが、実は違います。住宅の設計・施工をするなかで、「冷房期の湿度」が不快感を左右する最大の要因だと私は考えています。その理由を2回分の連載で解説します。

まずは2022年6月に測定した高気密高断熱住宅と、低気密低断熱住宅のわが家の違いを見てみましょう。

2022627AM1109分。外気温35.2℃、湿度49.7%、絶対湿度18.09g/㎏で高温多湿です。

その時の高気密高断熱住宅(Q1.0住宅宇都宮)の状態を測定しました。

エアコンの設定温度は27℃です。
1階の室温26.9℃、相対湿度50.7%、絶対湿度11.45g/㎏で、暑くもなく空気もサラリとしていて快適です。

2階は室温26.6℃、相対湿度49.2%、絶対湿度10.87g/㎏で同じく快適です。

14帖用エアコン1台で、2階の1カ所しか吹き出し口がないにも関わらず、延べ床面積約70帖の家全体が快適でした。

続いて、低気密低断熱のわが家を見てみましょう。測定前から嫌な予感がします(笑)。
高気密高断熱住宅を測定した日と同じ2022年6月27日の14時です。

2階仕事部屋(約7.5坪)です。ドアを解放した状態なので、階段ホールを合わせると約15帖の空間です。

エアコンの設定温度は25℃で、先ほどの高気密高断熱住宅より2℃低いです。しかし、仕事部屋は室温27.2℃、湿度65.1%、絶対湿度15.02g/㎏。じんわり汗をかいたままで、とにかく不快で仕方ありません。ドアを開けているので、30℃近いホールから熱風が入ってきます。

階段ホールの状態も見ておきましょう。

室温29.2℃、湿度62.4%、絶対湿度16.18g/㎏。仕事部屋のドアを開けてエアコンの恩恵を受けているにもかかわらず、熱中症になるレベル(笑)。

このままだと仕事部屋が暑くてたまらないので、ドア閉めてエアコン25℃で室内を冷やします。

2時間後、室温26.2℃、湿度59.3%、絶対湿度12.90g/㎏。正直、この状態でも少しジメジメしています。2時間前の絶対湿度15.02g/㎏から12.90g/㎏になり、2g/㎏ほど絶対湿度が減っただけで随分快適さは改善されました。しかし、この状態になるのに2時間…。瞬時に除湿できないということが分かります。

ちなみに階段ホールは、西日などの影響もあってさらに高温多湿な状態に…。
室温32.4℃、湿度56.6%、絶対湿度17.73g/㎏。ここで過ごすことは不可能です。

 

室温27℃なのに快適さが違う!?

さて、気づきましたか? これまで写真で見てきた室温はすべて27℃程度です。ですが、「湿度」によって「不快さ」や「暑さ・寒さ」を感じる度合いが違うのです。

次回は、なぜ湿度で快適さが変わるのか、何℃で絶対湿度何/㎏であれば快適と感じるのかを解説します。

 

次回予告
・相対湿度と絶対湿度の違い
・高温低湿が快適な理由
・高温低湿な住まいのつくり方

前回の記事:「洋服が散らかる家」低気密低断熱住宅ルポ⑰

こちらの記事もおすすめ

建物の属性をリアルに立体化した分散型3D都市モデル

建築 ニュース サービス2021/10/08

国土交通省の3D都市モデル「PLATEAU」は、行政が保有する都市計画GISと航空測量などによって得られる情報、都市計画基礎調査などによって取得される建物の属性情報を掛け合わせて、都市をリアルに3Dモデル化したもの。建築計画や都市計画のあり方を大きく変える新時代の情報プラットフォームです。

換気-空気の道をデザインする①~⑦【完】

2020/12/24

家にいる時間が圧倒的に増えることによって、俄然注目を浴びるようになった“換気”。設備設計者として第一線で活躍し、多くの著書を執筆している山田浩幸氏が、家における正しい換気の方法について解説します。

「木を魅せるディテール」木造軸組とCLT③

建築2021/12/07

成瀬友梨氏+猪熊純氏が設計を手がけた「meet tree NAKATSUGAWA」(岐阜県中津川市)は、木造在来軸組構法とCLTを組み合わせてできた4号建築物です。地元産の木曽ひのきをふんだんに使用した建物で、木造建築の可能性を示唆しています。YouTubeの動画でも、その魅力をもご覧ください!

兵庫県立美術館の巨大な青りんご。その意味とは

2020/07/01

兵庫県立美術館内にある「Ando Gallery」(2019年5月23日開設)に行ってきました。兵庫県立美術館がオープンしたのは2002年。安藤忠雄氏の設計です。Ando Gallery は、その展示 …

「学校を再活用した交流の場」働き方とまちづくり②

建築2022/04/22

コロナ禍を経て、リモートワークなどの柔軟な働き方が一気に浸透しました。この連載では、多様化する働き方やそれらを受け止めるワークプレイス、またその周辺を取り巻くまちの活動について紹介します。連載2回目は名古屋駅付近の小学校をリノベーションしたインキュベーション施設「なごのキャンパス」です。

Pick up注目の記事

Top