【PR】発泡スチロール協会、多様な木外装のデザインに対応した高断熱仕様の防火認定を取得

発泡スチロール協会は、地方独立行政法人北海道立総合研究機構 建築研究本部・北方建築総合研究所(北総研)からの技術移転を受け、外装材に木板、付加断熱にEPS断熱材を用いた外壁について、建築基準法に定められた「防火構造」の国土交通省大臣認定(軸組みに加え枠組み工法も)を取得しました。

軸組み、枠組みの両方で木外装が可能に

発泡スチロール協会は、軸組み構法での外装材に木板、付加断熱にEPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)断熱材を用いた充填断熱材併用の「防火構造30分認定」を2020年9月に取得していましたが、今回新たに枠組み構法でも取得したことを発表しました。この防火大臣認定では、木外装への不燃処理等の前処理が不要であり、魅力のある木外装デザインが可能となるほか、国産材の活用につなげることで各都道府県の地元産木材の普及促進活動に貢献できる、としています。

木外装材+EPS付加断熱の仕様

 認定概要

 外壁構成図

問い合わせ先
発泡スチロール協会(JEPSA)EPS建材推進部
TEL:03-3861-9046
メールはこちらから

こちらの記事もおすすめ

【PR】【ジャパンホームショー】建築知識実務セミナー@10.28

2022/09/20

10月28日(金)に開催される、建築知識実務セミナーのプログラムが決定。 前真之氏(東京大学大学院)、関本竜太氏(リオタデザイン)、八島陸氏(it’s HOUSE)、古川泰司氏(アトリエフルカワ一級建築士事務所)、腰原幹雄氏(東京大学 生産技術研究所)が登壇します。ぜひご参加ください!

【通巻800号】ありがとう!800号記念特集-建築知識2021年7月号が発売。

2021/06/16

1959年に創刊した『建築知識』は、おかげさまで2021年7月号にて通巻800号記念を迎えることができました。本号では、60年余りにおける日本の間取りを年表で振り返るとともに、これからの時代にマッチした間取りの考え方を詳しく&楽しく解説しています。

サンゲツ 全点環境配慮品のカーペットタイル見本帳「DT 2021-2023」を発刊

2022/01/20

内装材メーカーのサンゲツが、カーペットタイル見本帳「DT 2021-2023」を発刊。 DT シリーズは、 特に高い意匠性を持つプレミアム・コレクションであり、 環境への意識の高まりに応え、 全点を環境配慮商品としました。 ホテルや商業施設、 オフィスなど幅広い施設に使用できる、 全57柄233点のラインアップです。

「人と水の制約をなくす」―超小型水再生処理設備②―

設備2021/10/01

水は私たちの生活に欠かせない資源。しかし、その資源を社会に広く供給するには、莫大なコストがかかります。しかも、排水の使いまわしが難しいのも水ならではの問題。今回は、水の再生技術を”設備”として展開するWOTAの技術・製品を紹介します。排水の再生率は何と98%以上にも達します。

建築知識ビルダーズNo.54が発売!気になる中身は?

2023/08/25

建築知識ビルダーズNo.54が、2023年8月28日に発売。今号は「究極の日射取得×至高の日射遮蔽」特集。省エネで光熱費の少ない建てたい住宅購入者から設計・施工のプロまで参考になる役立つ情報をまとめた1冊です。

Pick up注目の記事

Top