【オンラインセミナー】10月8日(金)17:00~「真の持続可能な住宅とは何か」堀部安嗣×前真之

建築家・堀部安嗣さんが「真のサスティナブルとは何か?」を追求し、素材・形・空間・生活・快適・未来・・・1つ1つ紐解きながら、設計に落とし込んでいった「扇ガ谷の家」(2020年3月完成)。同時に、この家の温熱性能とエネルギー効率の設計サポートを東京大学大学院・前真之研究室が行いました。そんな2人の対談を10月8日に開催します。

45°振れた瓦の大屋根

鎌倉の閑静な住宅街。通り沿いには風情ある和風住宅が並び、町が背負う歴史の深さが感じられます。そんな街並みに関心しながら歩いていくと、木塀の向こう側の美しい瓦屋根が目に入ってきます。

南西道路から見た外観(撮影:編集部)


「これまでになく、プランが難航しました。というのも敷地が南西に45°触れていることと、敷地が広くどんな形やプランも成立してしまうので決め所がなく、かえって難しかったのです。それともう1つ。古都という地域の風趣に合わせ、瓦屋根にしようと決めていました。しかし、瓦はある程度まとまった面積がないと、その迫力や美しさが生きてこない。瓦がきれいに納まる屋根の形と、プランを合致させなければならないので、なかなか思うようなプランに辿りつかなかったのです」(堀部さん)


かくして真南に向いた大屋根の母屋に、2つの下屋が寄り添うプランが完成しました。鎌倉の豊かな緑を背景に、庭を抱き込むように3棟が並ぶ佇まいは、完成して間もないにもかかわらず、ずっとこの地を見守ってきたような風格を漂わせています。

庭を抱えるように3棟が並ぶ。母屋は真南を向いている(提供:堀部安嗣建築設計事務所)


パッシブとアクティブの太陽熱利用

しかし真南を向いた大屋根は、軒をぐっと下まで出しているため、窓から得られる日射量はそこまで大きくありません。「扇ガ谷の家」は、UA値0.34、C値0.2の高断熱高気密ですから、十分な陽当たりを確保できれば無暖房住宅も不可能ではないでしょう。


「正直にいうと僕は窓からのダイレクトゲイン(日射取得)が苦手。たとえばダイレクトゲインだけで無暖房住宅をやろうとすると、どうしても南側の窓を大きくすることになるでしょう? それは熱利用的にはよいかもしれないけれど、室内環境としては、まぶしかったり、落ち着かなかったり、よくない側面もある。台風のときは不安になるし、室内の陰影も美しくならない。でも、外でサンサンと降り注ぐ太陽の光を見れば、そのエネルギーを利用したい気持ちにはなります。それで1つの解として、空気集熱ソーラーシステムを採用するようになりました」(堀部さん)


大屋根の下の吹抜け大空間に対して、南側の窓がぐっと絞られている(提供:堀部安嗣建築設計事務所)


太陽熱エネルギーをパッシブとアクティブの両面から有効利用することも、堀部さんがこの家で挑戦したことです。窓の面積を絞った反面、排熱・換気・採光の目的で母屋に越屋根を設けています。そして、その上に空気集熱パネル(OMソーラーパネル)を載せています。古都の景色としての瓦屋根の存在感を損なうことなく、ソーラーパネルを置く堀部流のアクティブ活用といえるでしょう。

越屋根の窓から家の中央に光を落とす(提供:堀部安嗣建築設計事務所)


「東京大学大学院の前真之研究室にOMソーラーを利用して、最も効率よく快適な温熱環境になるパネル容量をシミュレーションしてもらいました。当初は、越屋根の長さを意匠上1050㎜で考えていましたが、前研究室からパネル長さが1050㎜と2110㎜のシミュレーション結果を提示され、2110㎜の長さがあるとより効果的に太陽熱が利用できると分かったので、2110㎜にしました」(堀部さん)。


2110㎜の長さのある越屋根。越屋根には窓を設けて排熱や通風、採光の機能も果たす(撮影:堀部安嗣建築設計事務所)


扇ガ谷の家については、建築知識ビルダーズno.46の巻頭で特集しています。ぜひご覧下さい。

建築知識ビルダーズ46は、全国書店・インターネット書店で好評発売中!

オンライントークイベントを開催!

「扇ガ谷の家」について、建築家・堀部安嗣さんと、温熱設計をサポートした前真之さんに、誌面には載せられなかったことを含めてあれこれお話いただくトークイベントを開催します。建築知識ビルダーズ編集長の木藤も司会として参加します。皆様のご視聴をお待ちしています。

 

概要

日時:2021年10月8日(金)17:00~19:00

形式:ウェビナー

費用:無料

定員:800名(定員になり次第終了)

申込:事前予約制(10月7日18:00締切)

主催:OMソーラー × 建築知識ビルダーズ

申込みはこちら

こちらの記事もおすすめ

【急募】最新のモデルハウスや工務店社屋を募集!

2021/08/20

『建築知識ビルダーズ』では、取材・撮影できるモデルハウスや工務店社屋を募集しています。2020年1月以降に竣工したもので、取り組みや試みを公開していただける住宅・社屋をご紹介ください。

【動画】茨城県のスーパー工務店のロングライフ経営と最新実例のセミナーアーカイブを公開

2021/09/03

茨城県で年間24棟の注文住宅を手掛けている柴木材店。創業54年目の同社は、新しい挑戦をしながら“いい家”を提供し続けています。今回は、地域工務店ならではの経営論から、2020年に手がけた提案型建売住宅「CLASSCO倉掛」の戦略まで、代表取締役社長の柴修一郎氏に語ってもらいます。

【オンデマンド配信】「HEAT20設計ガイドブック2021」の詳細解説セミナー12カリキュラムが視聴可能に

2021/10/07

HEAT20研究会は、2021年6月6日に発行された「HEAT20 設計ガイドブック2021」の詳細解説セミナーを2021年10月1日よりオンデマンドで配信することを発表しました。

【ジャパンホームショー】建築知識実務セミナー開催

2021/10/29

今年もジャパンホーム&ビルディングショーが開催。建築・設備に関連する国内最大級の展示会であり、さまざまなブースの展示が行われるほか、シンポジウム・セミナーが行われます。現在のトレンドや今後の動向がいち早くキャッチできるリアルイベント。「建築知識実務セミナー」も開催します。

【オンラインセミナー】10月1日(金)13:30~ 目からウロコ!「これからのクラウド活用術」

2021/09/09

福井コンピュータアーキテクト(本社:福井県坂井市)は、住宅事業者向けに「これからの建築業界のクラウド活用術」をテーマとした【第8回A-Styleフォーラム】を全国にLIVE配信する。

Pick up注目の記事

Top