【祝増刷】『建築知識2021年6月号』が発売4日目にして増刷決定‼

『建築知識』で大人気の“お絵描き特集”第2段(6月号)。今回も、豪華クリエイター陣と建築の専門家が、建物や街並みの魅力的な描き方をマニアックに紹介。現代の建物・街並みはもちろん、町家や神社といった時代ものなど、あらゆるシチュエーションの「建物」の基礎知識が満載です!

『建築知識』に“お絵描き特集”が帰ってきました。

 空前絶後の第5刷を実現した“お絵描き特集”『建築知識2019年10月号―パースと背景画の最新技術』。その第二弾となる『建築知識2021年6月号―最高の建物と街を描く技術』も、おかげさまで発売4日目にして増刷となりました。表紙はこちら。前回同様に、吉田誠治さんに、いろんな建築と街並みを描いていただいています。お買い求めいただいていない方は、ぜひ、チェックしてみてください!

 

 具体的には、漫画家、イラストレーター、アニメーターなど、各ジャンルの人気クリエイターが行っている、”建物を魅力的に描く最新技法”を徹底解剖しています。

 

 こちらは、大人気漫画『映像研には手を出すな!』(小学館)の作者である大童澄瞳さんによる解説。”直線と曲線を使った空間表現と構図”“今にも動き出しそうな映像的表現”について説明しています。

 

 こちらは、“色彩の基礎知識を身に付ける”の解説と、イラストレーター藤ちょこさんによる色彩の解説。“色彩遠近法で統一感とメリハリを”について説明しています。

 

 一方で、『建築知識』らしく、建築基準法に即した街並みのリアルな描き方も解説。用途地域ごとに違う建築物の制約や、容積率・建蔽率などなど、現実世界に存在する建物を正確に描くための予備知識を習得することが可能です。

 現代の建物・街並みはもちろんのこと、町家や神社といった時代もの、学園ものからファンタジーものまで、あらゆるシチュエーションの「建物」の基礎知識が満載。この機会にぜひ、お買い求めください!

参加執筆陣(50音順)

大童澄瞳(漫画『映像研には手を出すな!』)
K,Kanehira(「歌舞伎町シャーロック」美術設定など)
高橋慧(建築イラストレーション)
殿ヶ谷美由記(漫画『だんだらごはん』など)
藤ちょこ(イラストレーター・画集『彩幻境』など)
古谷デザイン建築設計事務所(建築設計)
ぽち(イラストレーター・画集『廃坑の街』など)
アシスタント背景美塾(MAEDAX)(漫画アシスタント・書籍『MAEDAXの背景萌え!』など)
丸紅茜(イラストレーター)
宮下潤也(書籍『看板建築図鑑』など)
連ヨウスケ(漫画「見えない都市」など)
よー清水(コンセプトアーティスト・「甲鉄城のカバネリ」など)
吉田誠治(背景グラフィッカー・書籍『ものがたりの家』など)

 

そのほか、『建築知識2021年6月号』のコンテンツはこちらから。YouTube動画もごらんください。

 

こちらの記事もおすすめ

「日本構造デザイン賞」「松井源吾特別賞」が決定

2021/08/03

今年で16回目を迎える「日本構造デザイン賞」が決定しました。坂田涼太郎氏(坂田涼太郎構造設計事務所)と島村高平氏(大成建設)の2名が受賞。「松井源吾特別賞」には岡部憲明氏(岡部憲明アーキテクチャーネットワーク)が選ばれました。授賞式・記念講演会は8月27日(金)に実施されます。

【PR】日本ボレイトが住宅のもつ「高耐久性」をアピールできる最高等級マーク™配布を開始

2022/11/28

日本ボレイトは、ホウ酸処理を採用したことによる「高耐久性」の証として「最高等級マーク™」を作成。同社のサービスや商品を採用した住宅に対して無償で配布をスタートした。

【PR】“いつでも” “どこでも”住宅の内覧がオンラインでできるバーチャル住宅展示場「LIVRA WORLD」

2022/07/13

住宅用基礎ユニット鉄筋事業を通じて、住宅メーカーや工務店の課題を把握し、海外リソースを活用して解決するソリューションカンパニーの岡田工業は、パソコンやスマホで好きな時に、いつでも内覧することができるバーチャル住宅展示場「LIVRA WORLD」を2022年6月に一般公開しました。

第6回きのくに建築賞~ワカヤマの魅力ある建築~ 作品募集中(8/31まで)

2022/08/05

和歌山の建築文化の向上と、活気のある魅力的で美しいまちづくりに寄与することを目的に、建築三団体まちづくり協議会によって創設された「きのくに建築賞」。建築物とそれに携わった人々の志に光を当てる「第6回きのくに建築賞~ワカヤマの魅力ある建築~」の募集が7/31よりスタートしました。

第6回「日本エコハウス大賞」最終審査会レポート

2022/10/12

2022年9月20日に第6回「日本エコハウス大賞」最終審査会(JAPAN ECOHOUSE BIG SHOW 2022〈JEB〉)が行われました。この記事では、最終審査会の様子をレポートします。

Pick up注目の記事

Top