「低温低湿な冬の換気の秘訣」換気-空気の道をデザインする⑦

家にいる時間が圧倒的に増えることによって、俄然注目を浴びるようになった“換気”。設備設計者として第一線で活躍し、多くの著書を執筆している山田浩幸氏が、家における正しい換気の方法について解説します。

はじめに

人が家のなかで快適で安全に過ごすために、換気は重要な要素です。最近ではリモートワークの普及が進み、自宅で過ごす時間が確実に増えました。適切な換気はウイルス感染症対策にも有効であるといわれています。
 では、換気は具体的にどのように行えばよいのでしょうか? 本稿では、「換気の目的とメカニズム」「換気の方法(自然換気と機械換気)」「夏の換気・冬の換気」について、設備設計者として数多くの建物にかかわり、『世界で一番やさしい建築設備』『エアコンのいらない家』『建築設備パーフェクトマニュアル』『ストーリーで面白いほど頭に入る建築設備』(いずれもエクスナレッジ刊)の著者としてもおなじみの山田浩幸氏(yamada machinery office[ymo])に、それぞれのポイントを解説していただきました。

7 低温低湿な冬の換気

 冬は室温を維持しながら、湿度を下げないようにするのが換気時のポイントです。過剰な換気は冬の乾燥した冷気を室内に大量に取り込むことになり、ウイルスやアレルギー物質の繁殖にとって好条件が整います。『建築物環境衛生管理基準の設定根拠の検証について』(東賢一/近畿大学)によれば、こうした物質は湿度が40%を下回ると活性化するといわれています。

相対湿度の推奨範囲。夏は湿度が高いので、カビやダニなどの問題が発生しやすい。冬は湿度が低いので、ウイルスやアレルギー症状、粘膜・皮膚への影響、静電気に関する問題が発生しやすい

 したがって、乾いた冷たい空気を取り入れながらも、湿度と温度を下げない工夫が求められます。販売されている壁掛けエアコンには、加湿機能をもつものがほとんどありません。エアコンで室温を上げれば、熱交換時に室内の湿気が外部に捨てられ、室内の湿度は低下します。そのため、エアコン稼働時は加湿器も併せて稼働させることをお勧めします。
 冬の晴天時の湿度は20〜30%程度です。湿度40%以上を目標とするならリビングなどの広い部屋では加湿器は2台設置(加湿量500㎖/h)して常時運転すると、おおむね、この目標をクリアできます。ただし、湿度を上げすぎると(50%を超えると)、断熱性能が低い窓廻りなどに結露が発生しやすくなります。湿度の上げすぎには十分に気をつけてください。

加湿器の選択で参考になるのが加湿量である。日本電機工業会規格「JEM1426」で定められた室温20℃・湿度30%時に1時間当たりで放出できる水分量(例:500㎖/h)をもとに、定格加湿能力と適用床面積(目安)が示されている。木造戸建住宅(和室)で広さが28㎡の場合は、定格加湿能力1,000㎖/hになるように加湿器を選んだり、組み合わせたりすればよい

 前述のとおり、給気口の取り付け位置にも配慮しましょう。冬は給気口からの冷気が住まい手に直接当たるおそれがあります。基本の取り付け位置は壁面の上部ですが、可能ならば壁掛けエアコンの近くに給気口を設置すると、こうした問題も解消されます。給気口から取り込んだ冷たい空気とエアコンからの暖気が同じ気流のなかで混ざり合うため、冷気の侵入が緩和されるのです。給気口には断熱仕様の製品を採用するとなおよいでしょう。自然換気と機械換気をうまく併用することによって、室内の空気を効率よく入れ替えることで、ウイルス対策を行うことをお勧めします。

給気口を床面近くに設置すると、足元に冷たさを感じる。一方、壁掛けエアコンに近接させて設置すると、給気口からの冷気が、エアコンの送風(暖気)と交じり合うことによって、足元の冷たさに頭を悩ませることが解消される

おわり

⑥に戻る

こちらの記事もおすすめ

YKK APがインテリアドアシリーズ「famitto」をリニューアル発売

建材2021/12/01

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区)は、 インテリアドアシリーズ 「 famitto(ファミット)」に 、天然木を貼った 「突板タイプ」と 多彩な木目柄を揃えた 「木調タイプ」を加え 、 扉 デザイン とアイテム を 拡充 し 、12 月 6 日からリニューアル発売します。

【PR】「アルビームプラス LED照明内蔵笠木」が2022年度グッドデザイン賞を受賞!

2022/12/01

LED照明器具の遠藤照明と、建材メーカー不二サッシとビニフレーム工業が共同開発した『LED照明内蔵笠木』が、2022年度グッドデザイン賞を受賞しました。

月間16万PVを記録! 話題のバーチャル住宅展示場

サービス2023/04/25

注文住宅着工件数の落ち込みが予想される一方、家づくりに対する消費者の知識レベルは向上しています。社会のデジタル化が進展するなかで、見込み客を獲得する手法として注目を集めているのが、CG(VR)の技術を …

【PR】カリモク家具 トラフ建築設計事務所とコラボレーション 端材を活用した木製小物「Ki Ki Ki」発売開始

2021/10/27

カリモク家具が、家具製作の過程で排出される端材を材料として活用したデザイン雑貨・木製小物「Ki Ki Ki」を国内外で同時発売を開始しました。デザインは、家具制作、オフィスデザインなど、多岐に渡り協業してきたトラフ建築設計事務所が担当。

ワイヤレス給電技術「AirPlug™ 」が建築界に登場。

2022/10/26

ワイヤレス給電技術を手がけるエイターリンクが、最大17mの長距離でも効率よく給電できる世界初の技術「AirPlug™」を実用化しました。「竹中工務店静岡営業所」では「AirPlug™」を採用。オフィスの温熱環境維持に貢献しています。ワイヤレス給電は建築の在り方を変える大きな可能性を秘めています。

Pick up注目の記事

Top