『学校萌え』から広がる“背景画”の世界

MAEDAXさんが「建築知識」で執筆中の人気連載『学校萌え!』は「建築知識2023年11月号」が最終回。その舞台となる2つの小学校にMAEDAXさんが取材を行いました。加えて、MAEDAXさんが主宰するアシスタント背景美塾MAEDAX派は今年も、背景No.1作品『Hi-K1グランプリ』を開催。腕に自信のある方はぜひ、ご応募ください!

日本全国の魅力的な小学校を“背景画”として解説

アシスタント背景美塾MAEDAX派は、漫画の背景作画に特化した、漫画塾です。塾長の前田耕作ことMAEDAXは、エクスナレッジさんの「建築知識」にて2022年10月号からより、これまでさまざまな学校の場所にスポットをあてて『学校萌え!』を記事にしてきました。

背景作画において資料は必要不可欠ですが、大人になってからは、なかなか学校という場には気軽に立ち寄れない場となり、学校萌えを作っていくなかでさまざまな取材をさせていただき、貴重な経験でもありました。

「建築知識2023年4月号」では「これからの住宅・建築MAPsちゃんねる」でも、YouTube動画でも、その設計手法が紹介されている「昭和学院小学校ウエスト館」(設計:日建設計)の階段をテーマに解説を行っています。

 

 

連載最後となる「建築知識2023年11月号」では、関西にある設立当時から変わらない木造の学校、橋本市立高野口小学校」「西脇市立西脇小学校」の2校にご協力いただき、取材をしてまいりました。

「橋本市立高野口小学校」は、昭和12年に建造され、現役の小学校です。桟瓦葺の屋根は現代にはない贅沢で重厚感のある作りで、写真撮影がはかどってしまいました。国の重要文化財にも使用されドラマなどでも使用されることがあるらしく、見かけたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

「橋本市立高野口小学校」の正面玄関と廊下で写真を撮り歩くMAEDAXさん。明治から大正にかけて建築された、いわゆる“木造の洋館”の佇まいが感じられる

 

「西脇市立西脇小学校」は、なんと昭和9~12年にかけて建築された学校で、こちらも第一校舎、第二校舎、第三校舎が国の重要文化財として指定されています。明治設立ということもあり、西洋文化を取り入れたような佇まい。おしゃれなイメージがある兵庫県を象徴するような学校でした。

自然と気分もおしゃれになった感じがしますね。

 

「西脇市立西脇小学校」の正面外観と、グラウンド側からの渡り廊下と校舎の前に立つMAEDAXさん。白を基調とし、くすんだ青との対比が“洋”の雰囲気を醸し出している

 

「建築知識2023年10月号」のこれまでは、現代の学校にスポットを当ててまいりましたが現代の学校とは違う萌えを発見し、最終回の記事にさせていただきました。学校と一言で言っても、その地域性や風習、時代によって様々な学校があり、デザイン・建築様式にも違いがあります。

 

今年も開催。『Hi-K1グランプリ』

そういった学校のようなたくさんの人が出会い、別れていく場所から感じる歴史や物語を描いていくのが漫画やイラストの背景です。私たち、アシスタント背景美塾MAEDAX派では、漫画背景の描き方を伝える塾を運営し、漫画背景コンテスト『Hi-K1グランプリ』を主催しています。

 

テーマに沿ったモノクロ背景を描いていただき、その年の背景No.1作品を競うイベント企画となります。漫画アシスタントの描く背景は、高い技術を持っているにもかかわらず、漫画ではキャラクターが主役となるため、なかなかその高い技術に注目されることがありません。漫画の背景技術に注目をしていただき、漫画背景の面白さに触れていただければと思います。

 決勝戦ではYoutubeにてLive配信し、リアルタイム投票などによりグランプリを決定いたします。

 

イベント概要

応募受付期間

2023年8月31日(木) ~ 2023年11月22日(水) 23時59分まで

第1次審査発表・公開(公募基準審査)

2023年12月6日(水)予定

第2次審査期間(一般公開投票期間)

2023年12月6(水)~2023年12月17日(日)

決勝戦

2023年12月23日(土)、YoutubeにてLive配信させていただきます。期間中にデザインフェスタギャラリーにて展示会なども開催しますので、是非機会がありましたらお立ち寄りくださいませ。

 

詳細はこちら

https://maedaxlabo.com/20230805/hi-k1_2023/

 

過去の受賞作品

2022年プロ部門グランプリ 雪丸シロ様の作品

2022年アマチュア部門グランプリ 青鴨様の作品

 

株式会社MAEDAXラボ
アシスタント背景美塾MAEDAX派

企業HP:https://maedaxlabo.com/

塾HP:https://haikeibijuku.com/

 企画などに関するお問い合わせは、株式会社MAEDAXラボ 石川洋平まで。

 

こちらの記事もおすすめ

歴史と文化を生かすリノベ術②

新着 建築 インタビュー2022/11/22

〝大正浪漫〞の趣を残す温泉街にある木造建築「銀山温泉 本館古勢起屋」が、建築家・瀬野和広氏の改修設計により、当時の趣をそのまま生かした形で現代によみがえりました。内外装ともに、大正時代に一世を風靡した木造の洋館建築の設え。歴史と文化を繋ぐ、その設計術を紐解いていきます。

【PR】【動画】憧れの別荘は、規格住宅で気軽に手に入る!?

住宅2021/12/13

近年、「2拠点生活」への需要が増えつつあります。しかし注文住宅で別荘を手に入れようとすると、お金も時間もかかりがち。it’s HOUSEは、2拠点生活を手軽に実現するための「規格型別荘」を提供しています。性能や快適性、デザイン性も高く設備や家具にまでこだわった全貌をご紹介!

「RCのコア抜きと遮音」各務謙司のマンションリノベ②

住宅 建築2021/06/18

『世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション』の著者であり、都心を中心に、マンション・リノベーションの設計を手がける各務謙司氏。間取りとインテリア、家具・ファブリックのデザイン・コーディネートに加え、法規・断熱・構造・設備・遮音などに関する知識を紹介しましょう。

「子ども視点で見る住環境」低気密低断熱住宅ルポ⑯

住宅2022/02/08

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、低気密低断熱住宅の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。16回目は、子ども視点で考える性能の低い家の温熱環境についてです。

違いはここに表れる! 工務店ブランド力チェック10項目〈PR〉

住宅2023/12/15

工務店のブランド力とは、常にクリエイティビティを磨き続ける組織であること、一人ひとりが自分の言葉で自社の魅力を語ることができること。そう語るのは、これまで30社のブランド支援を行ってきたTHE Architectブランドディレクター・吉安孝幸さん。ブランド力をつけると、何が変わるのか。特に違いが表れやすい10項目をリストアップしてもらいました。

Pick up注目の記事

Top