住まいのリフォームコンクール上位賞作品発表会開催

今年で39回目を迎えた、住まいのリフォームコンクールの受賞作品が決定しました。上位賞作品については、10月27日・28日に、Japan Home & Building Show 2022の会場にてプレゼンテーションが行われます。お誘いあわせのうえ、ぜひ、ご参加ください。

国土交通大臣賞は豊田保之氏設計作品

今年で39回目を迎えた、住まいのリフォームコンクール主催:公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター。全国各地で施工された住宅リフォームの事例を募り、住まいとして優秀な事例について建築主(施主)・設計者・施工者を表彰し、これを消費者や事業者に広く紹介することにより、住宅リフォームの促進とリフォームの水準の向上を図ることを目的とするものです。

今回は住宅リフォーム部門に306件、コンバージョン部門に22件、総数328件の応募がありました。「第39回住まいのリフォームコンクール審査委員会(委員長 松村秀一 東京大学大学院特任教授)」による審査の結果、上位賞6賞をはじめとする26件の入賞作品が選定されています。

そのなかで、最上位に位置づけられる国土交通大臣賞を受賞したのは、木と土壁を用いた木造住宅の総合的な性能向上リフォーム「木の家は木で治す。土壁の家は土で治す。府中の家」設計:トヨダヤスシ建築設計事務所施工:建築工房en)です。

老後を夫婦2人で快適に暮らすために、大きな家を区画断熱した住まいであり、伝統工法の枠組みのなかで、土壁ならではの機能性(調湿・蓄熱効果)と意匠性を十分に生かし切った作品として高く評価されました。

 

改修前の内観。昔ながらの田の字プランで各居室は襖で仕切られていた

改修後の内観。バリアフリーで車いすでも家族と集える、陽だまりのリビング。カーテンを閉めっぱなしで物置と化していた広縁が、くつろげる居場所に変わった。左の窓は、気密化した現場製作の木製建具を採用。ハニカムブラインドを併用している

改修後の内観。広縁をリビングと一体化させ、ウッドデッキを設けることで、庭とのつながりを確保した。既存の樹木や灯篭を生かし、外観も旧家の趣きを残す形で改修。ポーチの手洗いは、妻が戻って来た時やヘルパー訪問時に使用する

南側に移動して、明るく暖かくなったダイニング・キッチン。天井の梁は梁補強のために設け、天井面で水平構面を確保した。左の壁は既存土壁の上から木小舞土塗りとし、既存土壁を生かしている

 

上位賞作品を含む受賞作品についてはこちらから。

 

10月27日(木)・28日(金)にはJapan Home & Building Show 2022の会場(東京ビッグサイト東展示棟)にて、上位賞作品の発表会が開催されます。国土交通大臣賞作品については、「木の家は木で治す。土壁の家は土で治す。府中の家」(発表者はトヨダヤスシ建築設計事務所 豊田保之氏)、他上位賞4作品のプレゼンテーションが実施されます。お時間のある方は事前登録の上、ぜひ、会場にお越しください。

 

発表会のスケジュールと事前登録はこちらから。

 

こちらの記事もおすすめ

建築知識ビルダーズNo.44特集スーパー工務店の「家守り術」とは

2021/03/02

前回の記事に引き続き、少しだけ建築知識ビルダーズNo.44の中身を紹介します。家を建てたあとの「家守り」の情報が盛りだくさんです!

建築知識ビルダーズNo.46が発売!気になる中身は?

2021/08/27

建築知識ビルダーズNo.46が、8月27日に発売しました。今号の特集は、「断熱・気密」。高断熱高気密の設計から施工まで、最新事情を踏まえた知識をご紹介。ここでは、誌面の中身を少しだけお見せします。

【動画】ビルダーズNo.43の内容を紹介!-前編-

2020/11/30

好評発売中の建築知識ビルダーズNo.43の誌面を動画でちらりと紹介します。今回のテーマは【合理的な家づくり】!

「第17回日本構造デザイン賞」開催のお知らせ

2022/03/16

松井源吾賞および日本構造デザイン賞の受賞者を会員とする団体である日本構造家倶楽部が「第17回日本構造デザイン賞」を開催します。応募要項をご確認いただき、ぜひ、ご応募ください。写真は、第16回日本構造デザイン賞を受賞した「土佐市複合文化施設」(構造設計:坂田涼太郎)。地上4階のS造で免震構造を採用した建物で、大きな吹抜けが特徴です。

第6回きのくに建築賞~ワカヤマの魅力ある建築~ 作品募集中(8/31まで)

2022/08/05

和歌山の建築文化の向上と、活気のある魅力的で美しいまちづくりに寄与することを目的に、建築三団体まちづくり協議会によって創設された「きのくに建築賞」。建築物とそれに携わった人々の志に光を当てる「第6回きのくに建築賞~ワカヤマの魅力ある建築~」の募集が7/31よりスタートしました。

Pick up注目の記事

Top