屋外空間の新しいベースライト『 AlteK 〈オルテック〉』『 LumeK 〈ルーメック〉』を新発売

ガーデンライフスタイルメーカーのタカショーと、照明事業を担うタカショーデジテックは 、共通光源を見直し、刷新した新型グランドライト 『AlteK〈オルテック〉』および新型スポットライト『LumeK〈 ルーメック〉』の各シリーズを2022年5 月27日(金)に発売します。

LED 光源の規格化で色ムラのない美しい空間を演出

屋外照明

【新型グランドライト 『 AlteK〈オルテック〉』/新型スポットライト『 LumeK 〈ルーメック〉』 】

今回の新商品開発に先立ち、屋外用のグランドライト、スポットライトのどちらにも使用できる共通光源として新たにLEDモジュールを開発。灯具から取り外して交換できる構造にすることでメンテナンス性を向上させ、また配光角の異なるモジュールに差し替えるなどのカスタマイズ性をプラスしました。

【 LED モジュール 】

【LED モジュール 】

製品の特徴

●グランドライト オルテック/オルテック ユニバーサル
S/M/Lの3段階の明るさを用意し、SとMにはルーメックと共通のLEDモジュールを採用。そして壁面のライトアップ時におすすめの「グレアカット」タイプを新たにラインアップ。壁面にはしっかりと明るさを届けつつ、反対側に照射される光はカットされるため、眩しさが抑えられます。

さらに照射方向が変えられる『 オルテック ユニバーサル 』も展開。縦の首振りに加えて左右回転もできるため、照らしたい対象とライトの設置位置にズレが生じていても対応できるように進化。
また、狭角配光のユニバーサルに対して、館銘板や店舗サインなど横に広がった対象物を照らすのに適した「スプレッドレンズ付」をラインアップ。用途に応じて商品を選ぶことができます。

●ガーデンアップライト ルーメック/ウォールスポットライト ルーメック
「ガーデンアップライト ルーメック」は送り配線が可能でスパイクのオプションも選べるフランジタイプとコンパクトなスリムタイプ、そして壁付け用 に ウォールスポットライトを展開。すべて新開発の LED モジュールを採用しており、S/M/L の 3 段階の明るさから選べるうえ、光源の交換が可能な構造に。従来型アップライトのオプティシリーズと比較して、ガラス面から奥まった位置に光源を配置することでグレアの少ない、快適なライティングを実現します。

製品の詳しい情報はこちら。
http://db.ledius.jp

こちらの記事もおすすめ

「98%以上の排水を再生」―超小型水再生処理設備①―

設備2021/09/17

水は私たちの生活に欠かせない資源。しかし、その資源を社会に広く供給するには、莫大なコストがかかります。しかも、排水の使いまわしが難しいのも水ならではの問題。今回は、水の再生技術を”設備”として展開するWOTAの技術・製品を紹介します。排水の再生率は何と98%以上にも達します。

請負契約をもっと簡単・スムーズに!「注文分譲クラウドDX」と「クラウドサイン」連携スタート

2022/02/18

ダイテックは、住宅会社向けに提供している「注文分譲クラウドDX」と弁護士ドットコムが提供しているWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」のAPI連携を2022年2月より開始することを発表しました。

机だけじゃない!再発見、一枚板の魅力

動画 サービス 家具2020/07/10

日本では約50年前から「一枚板をテーブルとして使う」という世界的にも珍しい文化があります。1990年~2000年ごろに起こった“板ブーム”では、樹齢200年以上の希少価値の高い木々を、人間の勝手な都合で乱伐してきた歴史もあります。一時的なブームが終わり、不要になった一枚板が誰にも使われずに眠っているといいます。今回、一枚板のこれからの姿を編集部で追いました。

3D設計・プレゼン時代のハイエンドPC(2)

2020/07/06

BIMなどの3D-CADやVR、レンダリングなどに対するニーズは日増しに高まっています。ただし、こうしたソフトウェアには、それなりのハードウェアが必要です。ここでは、PCを選ぶために必要となるスペックの見方について解説します。

3D設計・プレゼン時代の ハイエンドP C(1)

2020/06/29

BIMなどの3D-CADやVR、レンダリングなどに対するニーズは日増しに高まっています。ただし、こうしたソフトウェアには、それなりのハードウェアが必要です。ここでは、PCを選ぶために必要となるスペックの見方について解説します。

Pick up注目の記事

Top