屋外空間の新しいベースライト『 AlteK 〈オルテック〉』『 LumeK 〈ルーメック〉』を新発売

ガーデンライフスタイルメーカーのタカショーと、照明事業を担うタカショーデジテックは 、共通光源を見直し、刷新した新型グランドライト 『AlteK〈オルテック〉』および新型スポットライト『LumeK〈 ルーメック〉』の各シリーズを2022年5 月27日(金)に発売します。

LED 光源の規格化で色ムラのない美しい空間を演出

屋外照明

【新型グランドライト 『 AlteK〈オルテック〉』/新型スポットライト『 LumeK 〈ルーメック〉』 】

今回の新商品開発に先立ち、屋外用のグランドライト、スポットライトのどちらにも使用できる共通光源として新たにLEDモジュールを開発。灯具から取り外して交換できる構造にすることでメンテナンス性を向上させ、また配光角の異なるモジュールに差し替えるなどのカスタマイズ性をプラスしました。

【 LED モジュール 】

【LED モジュール 】

製品の特徴

●グランドライト オルテック/オルテック ユニバーサル
S/M/Lの3段階の明るさを用意し、SとMにはルーメックと共通のLEDモジュールを採用。そして壁面のライトアップ時におすすめの「グレアカット」タイプを新たにラインアップ。壁面にはしっかりと明るさを届けつつ、反対側に照射される光はカットされるため、眩しさが抑えられます。

さらに照射方向が変えられる『 オルテック ユニバーサル 』も展開。縦の首振りに加えて左右回転もできるため、照らしたい対象とライトの設置位置にズレが生じていても対応できるように進化。
また、狭角配光のユニバーサルに対して、館銘板や店舗サインなど横に広がった対象物を照らすのに適した「スプレッドレンズ付」をラインアップ。用途に応じて商品を選ぶことができます。

●ガーデンアップライト ルーメック/ウォールスポットライト ルーメック
「ガーデンアップライト ルーメック」は送り配線が可能でスパイクのオプションも選べるフランジタイプとコンパクトなスリムタイプ、そして壁付け用 に ウォールスポットライトを展開。すべて新開発の LED モジュールを採用しており、S/M/L の 3 段階の明るさから選べるうえ、光源の交換が可能な構造に。従来型アップライトのオプティシリーズと比較して、ガラス面から奥まった位置に光源を配置することでグレアの少ない、快適なライティングを実現します。

製品の詳しい情報はこちら。
http://db.ledius.jp

こちらの記事もおすすめ

精密かつ美しい。ドイツ生まれの高品質ガレージドア

設備2020/10/02

家の外観のなかでも大きな面積を占めるガレージドアは、その家の印象を決定づける大切なパーツの1つです。また、ガレージライフという言葉があるくらい、ガレージは趣味を楽しむ豊かな空間でもあります。今回、スタイリッシュなガレージドアを世界各国で展開するドイツのハーマンKGの「シュネルスピッツ」を紹介します。

【動画】マイクロバブルバスユニットの圧倒的な泡量でお風呂を格上げ!

動画2021/05/27

最近、話題になっている「マイクロバブル」。リンナイの「マイクロバブルバスユニット」は圧倒的な泡量を誇り、毎日の入浴時間を格上げしてくれます。もちろん洗浄効果も抜群で、美容効果や温浴効果も期待できます。今回の記事では、製品の概要とマイクロバブルを体験した感想をご紹介します。

請負契約をもっと簡単・スムーズに!「注文分譲クラウドDX」と「クラウドサイン」連携スタート

2022/02/18

ダイテックは、住宅会社向けに提供している「注文分譲クラウドDX」と弁護士ドットコムが提供しているWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」のAPI連携を2022年2月より開始することを発表しました。

なぜ? あの人気工務店がシロアリ対策に”ホウ酸”を選ぶ理由

動画 建材 サービス2020/12/18

木造住宅を劣化させる3大原因は、「雨漏り」「結露」そして「シロアリ」の3つです。
ここではそのシロアリ対策について、つくば市を中心に年間24棟の注文住宅を手がけている柴木材店の代表取締役 柴修一郎氏に、ホウ酸を採用している理由を語ってもらいました。

ワイヤレス給電技術「AirPlug™ 」が建築界に登場。

2022/10/26

ワイヤレス給電技術を手がけるエイターリンクが、最大17mの長距離でも効率よく給電できる世界初の技術「AirPlug™」を実用化しました。「竹中工務店静岡営業所」では「AirPlug™」を採用。オフィスの温熱環境維持に貢献しています。ワイヤレス給電は建築の在り方を変える大きな可能性を秘めています。

Pick up注目の記事

Top