住宅 建築

「“快適基準寸法”を生かす」スノーピークの家づくり③

アウトドアブランドとして人気が高いスノーピーク。“衣・食・住・働・遊”のフィールドをあまねく網羅し、特に、住宅関連では“野遊びできる家。”をコンセプトに、規格住宅や街並みの監修を含むアーバンアウトドア事業を展開しています。今回は主に、外廻り空間をデザインするためのルールについて紹介します。

外とつながる間取りのルール

 スノーピークの家づくりに関して、間取りのルールについては以下のように定められています。

①:南面に大きな窓を設ける

②:1階にリビングを設ける場合は、掃出し窓越しにウッドデッキのスペースを設ける

③:2階にリビングを設ける場合は、大きなバルコニーを設ける

④:外とのつながりを意識して間仕切壁はなるべく設けない

⑤:庭とのつながりを意識して窓のサイズはできるだけ大きくする

「天野エルカール」では、建物前面(道路側)にL字形の大きなウッドデッキが設けられており、その前面には「アイアングリルテーブル」が置かれている。高さ寸法の調整は“快適基準寸法”に基づいて設定

 

 ただし、①と④と⑤については、断熱・気密性能とのトレードオフが生じてしまいます。高断熱・高気密を大きなコンセプトに掲げた「山形エコタウン前明石」では、HEAT20G2グレード[※]の高い断熱・気密性能で全棟を設計。UA値(外皮平均熱貫流率)が0.34W/(㎡・K)レベルであったため、引違い窓のサイズを「天野エルカール」などよりも小さくするなど、分譲計画全体のコンセプトやコストをその都度吟味しながら、最適な断熱・気密の仕様を決定しています。

※ 居住空間の温熱環境・エネルギー性能、建築耐久性の観点から、外皮技術をはじめとする設計・技術に関する調査研究・技術開発と普及定着を図ることを目的として活動する一般社団法人・20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会が定めた断熱性能の基準。G1~G3があり、G3が最高水準の性能を誇る。G2は室温をおおむね13℃下回らないようにすること(寒冷地ではおおむね15℃を下回らないようにすること)が目標となっている

 

1987年に誕生した“快適基準寸法”

 以上のように、建物全体の設計を進めるうえで、基準となる物差しが存在します。それこそが、スノーピークが長年の商品開発で培ってきた〝快適基準寸法〞と呼ばれる寸法体系です。1987年に設定された、アウトドアで快適に過ごすための秘訣が集約された資料集成ともいえるでしょう。

「アイアングリルテーブル」の“快適基準寸法”を示した図。4通りのキャンプスタイルに合わせて、椅
子や机などのアイテムの高さが設定されている

 

 たとえば、スノーピークの代表的な製品「アイアングリルテーブル」では、天板の高さが次のように設定されています。

①:立って調理作業をする〝ハイスタイル〞では地上高830㎜

②:座面高さ400㎜の椅子に座って仕込み作業をする〝ミドルスタイル〞では地上高660㎜。。立ったり座ったりする動作が快適で年配者に好まれる

③:座面高さ300㎜の低めのベンチに腰かけてバーベキューを楽しむ〝ロースタイル〞では地上高400㎜。多様なシーンに適応でき、人気が高い

④:地面に直接座って調理や食事を楽しむ〝グラウンドスタイル〞では地上高300㎜

「アイアングリルテーブル」の標準高さは地上高830㎜[写真左]。必要に応じて脚を400㎜などに短くすることも可能[写真右]

 

「ローチェア30」は“ロースタイル”に合わせて設計されており、座面の高さが地上高300㎜になっている

 

 この設定寸法がウッドデッキを敷設したアウトドアリビングの仕様を決める基準として機能します。建物全体の計画からディテールまで、〝野遊びできる家。〞には設計のノウハウがいくつも詰め込まれています。これからの家づくりにとって大いに参考になるでしょう。

 

テント、タープ、焚火台など、自然と人、人と人をつなぐキャンプギアをビジネスに取り入れ、クリエイティブな発想や円滑なコミュニケーションを生み出す“キャンピングオフィス”。床座で働くシーンも、‟快適基準寸法”の哲学が生かされている

 

②にもどる

おわり

こちらの記事もおすすめ

安っぽさを払拭!ワンランク上のシェアハウスがおしゃれすぎる!

住宅2021/01/29

最近、人気テレビ番組の影響もあって増えてきたシェアハウス需要。もはや「安い」というメリットだけでは魅力が不十分になりつつあり、居住者を増やすにはひと工夫が必要です。今回の記事ではとことん快適性・心地よさにこだわったシェアハウスの事例をご紹介します。

「内外の境界を美しく納めるディテール」昼の庭と夜の庭の美しい佇まい③

住宅2020/10/02

建築家・彦根明氏と造園家・荻野寿也氏がデザインを手がけたコートハウス「SGY」。建物のどの位置からも中庭の植栽を眺められ、居心地の良さは抜群です。昼も夜も。ここでは「SGY」の魅力と設計手法について、3回に分けて紹介します。

超簡単!冬前にやりたい庭の手入れ

住宅2021/11/16

戸建住宅の楽しみの1つに庭いじりがあります。今回は、春に美しい芽吹きを迎えられる庭にするために、神奈川県横浜市にある園芸店「PLANTED」を運営する園芸家の三輪善昭さんに、初心者でもできる庭のお手入れ方法を伺いました。

「マンションの断熱改修」各務謙司マンションリノベ①

住宅 建築2021/06/15

『世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション』の著者であり、都心を中心に、マンション・リノベーションの設計を手がける各務謙司氏。間取りとインテリア、家具・ファブリックのデザイン・コーディネートに加え、法規・断熱・構造・設備・遮音などに関する知識を紹介しましょう。

「個性が現れる!内装材の選び方」建築教育のリアル④

住宅 建築2022/06/07

この連載では、「実施設計を行い、実際に家を建てる」というユニークな授業を行うフェリカ家づくり専門学校(以下、同校)の教育現場を取材。連載4回目は、画一的にならないマテリアルのアイディアやカラーの選び方を紹介します。

Pick up注目の記事

Top