エヌ・シー・エヌが埼玉県川口市に木構造技術センターを開設

エヌ・シー・エヌは、これまで大学等の実験施設において、SE構法の耐震実験などを繰り返し行い、大地震など自然災害における安全性の検証を行ってきたが、今後は自社施設「木構造技術センター(Timber Structure Lab.)」を開設し、そこを拠点に木構造に関する基礎研究、応用研究、開発研究を行っていくことを発表しました。

施設開設の目的

今後、多様化が見込まれる木構造に迅速かつ柔軟に対応するために、2022年3月に「木構造技術センター(Timber Structure Lab.)」を開設。「SE構法の追求」「あらゆる木構造の開発」「未来に向けた基礎研究開発」を目的に、SE構法の開発で培ったノウハウを活かした木構造の技術開発の拠点とし、住宅規模から中層大規模木造建築物までの木構造に関する基礎研究、応用研究、開発研究を進め技術資産を構築していく、としています。

 

1000kN万能試験機(右) 200kN面内せん断試験機(左)

設置実験装置

1 1000kN(100トン)万能試験機
接合部や部材の強度試験

2 200kN(20トン)面内せん断試験機
耐力壁、ラーメンフレーム、床、屋根の水平力試験

3 恒温恒湿器
  木材の物性調査、耐久性・品質試験

SE構法とは
強度が高く品質の安定した構造用集成材を柱・梁に使用。その柱と梁を専用のSE金物で剛接合したラーメン構造がSE構法。優れた耐震性能を保ったまま壁の少ない自由度の高い空間づくりができる。

エヌ・シー・エヌのホームページはこちらから

こちらの記事もおすすめ

【募集】Builder’sコレクション(#bコレ)第4弾!「子どもと住まい」の写真をInstagramで募集

2024/05/24

2024年8月27日発売の建築知識ビルダーズNo.58は「子どもと住まい」特集。そこで誌面に掲載する子どもが豊かに育つ住まいの工夫や、子育て世帯におすすめのアイディアの写真をInstagramで募集します!締め切りは7月12日(金)。みなさまの投稿をお待ちしています!

【〆切迫る】日本エコハウス大賞エントリー受付6/30迄 ~設計審査員からのメッセージ~

2022/05/27

日本エコハウス大賞は、脱炭素時代の美しい日本の住宅を表彰する設計実例コンテスト。今回のテーマは「高性能を活かした住まい方の提案」。この記事では、審査員からコンテストの応募者に向けたメッセージをご紹介します。

建築知識2020年12月号で、新型コロナ対策‼

2020/11/20

『建築知識2021年12月号』は“新型コロナ”対策特集号。 感染症の豆知識・換気のコツ・住まいのかたち・仕事場のかたち・抗ウイルス設備・建材 etc… これからの建築に欠かせない知識がぎっ …

【PR】【ジャパンホームショー】建築知識実務セミナー@10.28

2022/09/20

10月28日(金)に開催される、建築知識実務セミナーのプログラムが決定。 前真之氏(東京大学大学院)、関本竜太氏(リオタデザイン)、八島陸氏(it’s HOUSE)、古川泰司氏(アトリエフルカワ一級建築士事務所)、腰原幹雄氏(東京大学 生産技術研究所)が登壇します。ぜひご参加ください!

【PR】日本ボレイトが住宅のもつ「高耐久性」をアピールできる最高等級マーク™配布を開始

2022/11/28

日本ボレイトは、ホウ酸処理を採用したことによる「高耐久性」の証として「最高等級マーク™」を作成。同社のサービスや商品を採用した住宅に対して無償で配布をスタートした。

Pick up注目の記事

Top