終了しました【ウェビナー】10月13日(木)17:00~これからの家に「太陽光発電の標準搭載」をすすめる理由

it's HOUSEと建築知識ビルダーズは東京大学大学院准教授 前真之氏をお招きしてこれからの家づくり提案に欠かせない「太陽光発電」に関するコラボセミナーを開催します。事前申し込みはこちらのページから。ぜひご覧ください!

太陽光発電に関するコラボセミナーを実施

東京都が脱炭素社会に向けて新築住宅に太陽光パネル設置を義務付ける方針を固めています。義務化されることで予想される施主・事業者にとってのメリット、デメリットに関して長年に渡って住宅エネルギ―全般を研究してきた東京大学大学院准教授 前真之氏にお話いただきます。

 

基調講演 今、太陽光発電が必要な理由(50分)

昨今のエネルギー価格の高騰によって、多くの人が生活電気にかかる費用について考える機会を得ています。そのようななか、これからの家づくりには「太陽光発電」の提案が欠かせません。そこで前真之 東京大学大学院准教授にこれからの家に太陽光発電が必要な理由を分かりやすく語っていただきます。

東京大学大学院准教授・前真之氏

 

講演 太陽光発電を標準搭載した住宅を、手の届く価格で提供(30分)

it’s HOUSEは「これからをデザインした家 新しい生き方」をコンセプトに建材や設備の価格高騰が続く現在の状況下でも高性能な規格住宅を安定的に供給し続けています。こちらの講演では太陽光発電を搭載した高性能規格住宅を施主にどのように説明、購入につなげていくのか。大手ハウスメーカーに入社し、とくに断熱・気密に厳しい北海道で多くの営業実績を残してきたit’s HOUSE代表取締役社長 八島 睦氏に語っていただきます。

it’s HOUSE代表取締役・八島 睦氏

 

 ★前氏・八島氏・建築知識ビルダーズ編集長木藤による座談会、質問タイムも予定しています。

開催概要

日時:2022年10月13日(木)17:00~19:00(開場16:30)
方式:ZOOMウェビナー
参加費:無料
対象:工務店、設計事務所、不動産関係者 ※それ以外の方はお断りさせていただく場合があります。
申込締め切り:10月12日(水)16:00予定

ウェビナー受付は終了しました。お申込み誠にありがとうございました。

※お申込みいただいた方にはセミナー前日までに視聴用URLとパスコードをメールでお知らせします。
※当日ぜひ聞いてみたいことがある方は申込時に備考欄へご記入ください。優先的に回答させていただきます。

こちらの記事もおすすめ

終了しました【オンラインセミナー】6月24日13:30~ 「建設会社のためのこれからはじめる施工BIM」

2022/06/15

建築CADシステムの開発・販売を行う福井コンピュータアーキテクトは、BIM建築設計・施工支援システム 「GLOOBE 」の最新版、施工現場向けに機能強化した「GLOOBE 2022 R1」を 2022年 7 月 13 日(水)に発売予定と発表しました。また、最新版リリースを記念したオンラインセミナーを行うことも同時に発表しました。

【オンラインセミナー】10月21日(木)13:15~ 住宅の長寿命化リフォームシンポジウム開催。業界3誌が登壇

2021/10/05

一般社団法人住宅リフォーム推進協議会は、令和3年の住生活月間に合わせ「住宅の長寿命化リフォームシンポジウム」を開催。『新建ハウジング』『リフォーム産業新聞』『建築知識ビルダーズ』の業界3誌が登壇し、これからのリフォームビジネスについてディスカッションします。

【ジャパンホームショー】建築知識実務セミナー@10.28

2022/09/20

10月28日(金)に開催される、建築知識実務セミナーのプログラムが決定。 前真之氏(東京大学大学院)、関本竜太氏(リオタデザイン)、八島陸氏(it’s HOUSE)、古川泰司氏(アトリエフルカワ一級建築士事務所)、腰原幹雄氏(東京大学 生産技術研究所)が登壇します。ぜひご参加ください!

『WOODRISE 2021 KYOTO』10月15日~ 18日開催

2021/08/12

中高層木造建築物の設計・建設のために必要な材料・技術、工学的なニーズや将来性を展望する目的とした国際的イベントのWOODRISEが、2021年10月15日から18日にかけて京都で開催されます。

終了しました【ウェビナー】3/3 14:00~ イズミシステム設計が設備設計のBIM化を実現するサービスの発表に合わせてウェビナーを開催

2022/02/28

イズミシステム設計は、BIM モデルと空調設備・省エネ計算を双方向連携するクラウドサービス『B-LOOP(ビーループ)』を2022 年 3 月末にリリースすることを発表しました。それに先がけウェビナーを開催します。

Pick up注目の記事

Top