設備

コイズミ照明 スリムな長手間接ブラケットライトなど99機種ラインアップ

コイズミ照明は、発売以来好評を得ている「arkia」シリーズのブラケットライトやプラグタイプのスポットライトなどをリニューアルし、75 機種に拡充。また同シリーズから新たに、空間との親和性が高いスリムな長手間接ブラケットライトなど 24 機種をラインアップします。

建築に馴染み主張しないフォルムと飽きのこないデザイン

「SPOTLIGHT」コイズミ照明

スポットライト(プラグタイプ)

【スポットライト(プラグタイプ)】
自在な方向に光を照射するプラグタイプのスポットライトを、よりインテリアのテクスチャーに同化するよう新たにリニューアル。リニューアル前は、Φ30 とコンパクトさを追求したミニマムデザインだったが、新製品では眩しさを抑制するフードを標準装備し、取り外しての使用やオプションの拡散セードを装着するなどより幅広い提案ができます。目的や演出に合わせて提案が出来るように2種類の配光角(広角/中角)、本体カラーを2種類(マットファインホワイト塗装/マットブラック塗装)を取り揃えるなど、新たに 24 機種をラインアップ。また取付レバーと本体を一体化し、シンプルで使いやすいデザインに変更したことで、連灯レイアウトが綺麗にまとまり、更に埋込ダクトレールへの取付けが可能に。

 

「BRACKETLIGHT LINETYPE」コイズミ照明

長手間接ブラケットライト

【長手間接ブラケットライト】
コンパクトなアームデザインと灯具から広がる優しい間接光が建築空間と調和する長手間接ブラケットライト。灯具は、幅25mmとミニマムサイズの設計で、灯具の邪魔にならないようにブラケットライトのアーム形状は、コンパクトでシンプルなデザイン。本体カラーは、マットファインホワイト塗装とマットブラック塗装の2色展開で、色温度は3色展開(2700K 電球色/3500K 温白色/5000K 昼白色)になっています。また3サイズ展開で(1368mm/1068mm/768mm)空間のボリュームや演出イメージに合わせてサイズを選ぶことが可能。専用調光器を設ければ、調光が可能なため、眩しさを考慮する必要がある寝室空間にも活用できます。

製品の詳しい情報はこちら。
https://www.koizumi-lt.co.jp/arkia/

こちらの記事もおすすめ

屋外空間の新しいベースライト『 AlteK 〈オルテック〉』『 LumeK 〈ルーメック〉』を新発売

2022/05/23

ガーデンライフスタイルメーカーのタカショーと、照明事業を担うタカショーデジテックは 、共通光源を見直し、刷新した新型グランドライト 『AlteK〈オルテック〉』および新型スポットライト『LumeK〈 ルーメック〉』の各シリーズを2022年5 月27日(金)に発売します。

請負契約をもっと簡単・スムーズに!「注文分譲クラウドDX」と「クラウドサイン」連携スタート

2022/02/18

ダイテックは、住宅会社向けに提供している「注文分譲クラウドDX」と弁護士ドットコムが提供しているWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」のAPI連携を2022年2月より開始することを発表しました。

アイカ工業「フィオレストーン」の玄関部材を発売

2022/05/02

アイカ工業は、高級人造石「フィオレストーン」を使用した玄関部材「フィオレストーン框かまち」を発売しました。天然水晶が主成分で独特の奥行き感と光沢をもつため、マイホームの顔となるエントランス空間を華やかに演出します。

知ってた? シロアリはゴキブリの仲間!

動画 建材2020/08/28

雨漏りや結露が起こったり、シロアリに食われたりすると、どんなに丈夫な家でも内側からダメになってしまいます。雨漏りや結露は工事の質を徹底すれば防げますが、生き物であるシロアリはいつ家の中に侵入してくるか分かりません。この記事では家を長持ちさせるためのシロアリ対策について、ホウ酸処理でシロアリ対策を行う日本ボレイトに話を伺いました。

「換気扇はシロッコファンがお薦め」換気-空気の道をデザインする⑤

2020/11/20

家にいる時間が圧倒的に増えることによって、俄然注目を浴びるようになった“換気”。設備設計者として第一線で活躍し、多くの著書を執筆している山田浩幸氏が、家における正しい換気の方法について解説します。

Pick up注目の記事

Top