【PR】高気密高断熱住宅の住まい手に配慮したシロアリ対策

2025年4月には住宅の省エネ基準の適合義務化が始まるなど、住宅の高気密高断熱化は大きなトレンドの1つ。こうした条件におけるシロアリ対策では、気密性が高まるため、“体質的に薬剤に敏感な人への健康被害”を想定する必要があります。こうした懸念点を解消するのが「タームガード システム」です。

健康に配慮しながらシロアリの侵入を防止!

住宅のシロアリ対策には、薬剤の現場処理が一般的です。ただし、体質的に薬剤に敏感な人のなかには健康被害を心配する声もあり、近年増加している高気密高断熱住宅、空気循環型の住宅ではなおさら注意が必要。健康被害のリスクを最小限にし、シロアリの侵入を防ぐ方法が求められます。その1つとして、全世界で20万棟以上の採用実績を誇る「タームガード システム」(日本長期住宅メンテナンス有限責任事業組合)があります。オーストラリアで開発されたもので、建物の周囲に埋設したパイプに注入された薬剤が、外周からシロアリの侵入を阻止します。

 

「タームガード システム」の概念図。屋外の注入口から専用薬剤をパイプに注入、建物の周囲に行き渡らせる。5年ごとに再注入を行う

 

床下に薬剤を散布する一般的な防蟻処理とは異なり、建物内部で薬剤処理しないので、建物内部への薬剤の環流の心配がなく、安全性も高くなっています。主な施工の流れと維持管理の考え方は以下のとおり。

A:新築時に建物基礎外周に沿って薬剤処理用の専用パイプを土中に埋設する

B:薬剤の注入口を設置(20mにつき最低1カ所)

C:薬剤を注入

D:専用パイプに20㎝間隔であけられた小孔から薬剤が土中に噴出し、建物外周の土中に薬剤のバリア層が形成される

E:5年ごとの薬剤再注入で、永続的に建物内へのシロアリ侵入を防ぐ

です。

 

パイプ内の薬剤は小孔から土中に噴出。薬剤バリア層を形成してシロアリの侵入を防ぐ

 

使用される専用の薬剤「タケロックSC400」(大阪ガスケミカル)は、日本しろあり対策協会認定の薬剤であり、土壌に対する吸着性が高く流出の心配がないので、安全性が高いです。加えて、薬剤をパイプへ再注入すれば、その効果は永続、シロアリ保証も永続的にセットできます。ランニングコストという観点でもほかの防蟻処理方法に比べて大きな利点があり、長期優良住宅に求められる長期の維持管理にも最適です。

 

保証は施工後から5年間。薬剤再注入ごとに保証期間が5年延長される。保証期間中に万が一、シロアリ被害があった場合は、シロアリ保険に基づき、規定額を限度として修復費用を賠償

 

屋外での工事になるため、施工時の建築主負担が少なく、施工時間も短くなります。日本では2025年4月以降、すべての新築住宅に省エネ基準適合が義務付けられます。2030年にはZEH水準の義務化も検討されており、一般的な防蟻処理ができない住宅が増えると予想されます。「タームガード システム」ならば幅広い住宅仕様に保証適用が可能なため、これからのシロアリ対策として有効な選択肢となるでしょう。

 

取材協力:日本長期住宅メンテナンス有限責任事業組合

 

こちらの記事もおすすめ

【PR】「スタイロフォーム」の断熱性に防蟻機能を付与

建材2023/02/07

木造・S造・RC造という構造を問わず、さまざまな建築用途の断熱材として建築業界に広く知られる押出法ポリスチレンフォーム「スタイロフォーム」。製品ラインアップも幅広く、ユーザーの細やかなニーズに対応しています。光熱費の高騰が社会問題となる今、注目すべき2製品を紹介します。

【PR】請負契約をもっと簡単・スムーズに!「注文分譲クラウドDX」と「クラウドサイン」連携スタート

2022/02/18

ダイテックは、住宅会社向けに提供している「注文分譲クラウドDX」と弁護士ドットコムが提供しているWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」のAPI連携を2022年2月より開始することを発表しました。

コイズミ照明 スリムな長手間接ブラケットライトなど99機種ラインアップ

設備2022/06/29

コイズミ照明は、発売以来好評を得ている「arkia」シリーズのブラケットライトやプラグタイプのスポットライトなどをリニューアルし、75 機種に拡充。また同シリーズから新たに、空間との親和性が高いスリムな長手間接ブラケットライトなど 24 機種をラインアップします。

「換気扇はシロッコファンがお薦め」換気-空気の道をデザインする⑤

2020/11/20

家にいる時間が圧倒的に増えることによって、俄然注目を浴びるようになった“換気”。設備設計者として第一線で活躍し、多くの著書を執筆している山田浩幸氏が、家における正しい換気の方法について解説します。

【PR】天童木工 中村拓志デザインの「Swing chair」を発売

家具2022/06/27

天 童 木 工は、2021年 の 80 周 年 企 画から誕生した、建築家の中村拓志 (NAP建築設計事務所 ) デザインによる新作家具「Swingchair」を 発売しました。自宅用としてはもちろん、ホームオフィス・大規模オフィスまで、多くのワーキングスタイルに対応する家具といえます。

Pick up注目の記事

Top