【リアル討論会】業界キーパーソンがフリップで激論! 11月11日(水)14:30~ in 東京ビッグサイト

次の10年、業界の明暗を分けるのは何?

昨年の今ごろ、私たちは次の10年への展望を盛んに論じていました。住宅着工が確実に減少するなかで、将来に向けてビジョンをどうもつべきか――不安を抱えながら2020年を迎えた人もいたでしょう。そこへ新型コロナ感染症によるパンデミック。まさか2020年がウイルスに右往左往されるとは誰も予測できませんでした。

しかし、急変した人々の生活、いわばニューノーマルな暮らしに目を向けてみると、住宅業界にとっては決して悲観する事態でもなさそうです。在宅時間が増えたことによって見えてきた住宅の必要機能。リモート活用による会社や学校、医療とのかかわり方、家族・友人とのコミュニケーションのとり方の変化。これらは、今後、どのような形で住宅に影響してくるのか。昨年描いた展望はリセットして、もう一度、まっさらな気持ちで未来を描き直してみる必要がありそうです。

そこで、住宅を取り巻く各分野の40代キープレイヤーをゲストに招き、住宅の次の5年、10年について、さまざまな角度から議論を深めます。住宅の可能性を多角的にとらえ、業界の行方を見据え、新たなビジョンのもと2021年を迎えましょう。

有志で登壇。豪華パネリストに注目

この討論会は、日経BP総合研究所・所長の安達功氏と、元リクルート住宅総研で現ハイアスアンドカンパニー執行役員の矢部智仁氏と、建築知識ビルダーズ編集長の木藤阿由子が発足した「住宅の未来を考える」有志の討論会です。3名の声掛けによって実現した豪華な顔ぶれにもご期待ください。

◎ファシリテーター

安達功(日経BP総合研究所所長)

矢部智仁(Hyas & Co執行役員、元リクルート住宅総研所長)

◎パネリスト

山下智弘

リビングテック協会代表理事・リノベる株式会社代表取締役

1974年生まれ。大学卒業後、社会人ラグビーを経てゼネコンに入社。建築の面白さを知る。その後、デザイン事務所・家具職人・不動産・大工などを経て、大阪の南堀江に株式会社esを設立。2010年拠点を東京に移し、リノベる株式会社設立、代表取締役就任。近年は、スマートホームや暮らし領域のIoT化を含むLIVINGTECH分野の活性化に取り組む。2020年4月、LIVINGTECH協会代表理事に就任

 

前 真之

東京大学大学院准教授

1975年生まれ。‘98年東京大学工学部建築学科卒業。2003年同大学大学院博士課程修了。’04年建築研究所などを経て、29歳で東京大学大学院工学系研究科客員助教授に就任。’08年同建築学専攻准教授。空調・通風・給湯・自然光利用など幅広いテーマを研究し、真のエコハウスの姿を追い求めている。現在、暖房や給湯にエネルギーを使わない無暖房・無給湯住宅の開発・研究に取り組んでいる。

 

広瀬 郁

プロジェクトデザイナー、株式会社トーン&マター代表

1973年生まれ。建築学を専攻後、外資系経営コンサルティングファーム、不動産企画開発会社に勤務。ホテル「CLASKA」では総合プロデュースを担当。独立後は、事業計画とクリエイティブの融合を目指し、施設・まちづくり・都市計画を中心に、プロジェクトをデザインする企画業務に参画。企業・行政などの「組織」と才能ある「クリエイター」のコラボレーションを生むチームを組成し、多岐にわたり新奇性の高いプロジェクトを推進中。

 

松尾享浩

アドヴァンスアーキテクツ株式会社・METAPH建築設計事務所 代表

1973年生まれ。工業高校卒業後、ゼネコンと工務店で施工管理に従事し、一級建築士取得後20代で起業。独学で設計を学び、1000万円から数億円の邸宅まで年間50棟を受注する独自のブランドを確立。近年は海外のデザイン賞を複数受賞。工務店の活躍を願い、住宅産業への人材確保や設計士育成のプラットフォーム構築を目指す。地域の青年会議所・商工会議所青年部の理事長・会長を務め、地域の活性化や町づくりにも取り組む。

 

西田 司

建築家、オンデザインパートナーズ主宰

1976年生まれ。横浜国立大学工学部建築学科卒業後、’99年スピードスタジオを設立、共同主宰。2004年オンデザインパートナーズを設立。使い手の創造力を対話型手法で引き上げ、オープンでフラットな設計を実践する設計事務所オンデザイン代表。主な仕事に「ヨコハマアパートメント」(JIA新人賞/ヴェネチアビエ ンナーレ審査員特別表彰)、「ISHINOMAKI 2.0」(地域再生大賞特別賞)など。グッドデザイン賞審査員、東京理科大学准教授、明治大学特別招聘教授。

 

木藤阿由子

建築知識ビルダーズ編集長 

1975年生まれ。大学卒業後、旅行関連会社を経て2002年エクスナレッジに入社、建築知識編集部に所属。2010年に『建築知識ビルダーズ』を創刊。良質な住宅の技術や工務店による誠実な事業展開に焦点をあて、プロが成長し合える専門誌を目指す。このほか、手がけた書籍は『住宅建築家 三人三様の流儀』『荻野寿也の「美しい住まいの緑」85のレシピ』『中村好文の「湖畔の山荘」設計図集』など

 


完全予約制。お申込みはお早めに

◎開催概要 

日時20201111日(水)143016:0090分)

会場:ジャパンホームショー・セミナー会場(東京ビッグサイト南ホール)

   https://www.bigsight.jp/visitor/access/

定員200名(ソーシャルディスタンス確保のうえ)

申込:ジャパンホームショーの事前参加登録のうえ、講演会の予約をお願いします。 

   https://www.jma.or.jp/homeshow/seminar/program.html

 

ご来場をお待ちしています!

こちらの記事もおすすめ

【展示会セミナー】UA値を疑え!エコハウス設計の勘どころ 11月12日(木)13:45~ in 東京ビッグサイト

2020/10/22

当サイトの人気連載「低気密低断熱住宅に住んでみたルポ」の著者である神長宏明さんのセミナーです。温熱シュミレーションを駆使し、独自の観点でエコハウス設計の勘どころを語ります。クセ強めの神長節、ぜひご聴講ください。

【展示会セミナー】「星野リゾートBEB5軽井沢」の設計 11月13日(金)13:45~ in 東京ビッグサイト

2020/10/26

2019年度グッドデザイン賞を受賞した「星野リゾート_BEB5軽井沢」の設計を手がけた佐々木達郎さんのセミナーです。木造防耐火(1時間準耐火)、国産材の活用、遮音、外装・エクステリアなどについてお話しします。

【展示会セミナー】工務店編集会議、始動!第1回は「ハウスメーカーに負けない工務店の魅力の伝え方」

2020/10/16

工務店編集会議とは、工務店による”工務店で家を建てる”を当たり前にするための「本と動画」をつくるプロジェクト。来年秋の出版に向けて、毎月オンライン編集会議を行い、本に載せるコンテンツや動画配信する内容を決めていきます。興味のある方は、ぜひ第1回編集会議にご参加ください。

【展示会セミナー】[東京]住宅ビル設備Week     第2回工務店支援EXPO専門セミナー

2020/09/28

大阪で9月に開催した工務店支援EXPOが引き続き東京でも行われます。 コロナ禍で2020年はうまくいかなかった、2021年に向けてどのようにしていくか 悩んでいる、など工務店で働く皆様にぜひ注目してい …

終了しました【展示会セミナー】[関西]住宅・ビル・施設Week   第2回工務店支援EXPO 注目セミナー

2020/08/04

2020年9月9日(水)~11日(金)にインテックス大阪で行われる[関西]住宅・ビル・施設Week。 こちらで行われる第2回[関西]工務店支援EXPO 注目の専門セミナーをご紹介します。 “リアルセミ …

Pick up注目の記事

Top